インプラント治療を断られてしまった方へ|千葉でインプラントを行うなら東船橋駅最寄りのおさか歯科クリニック

インプラント治療を断られてしまった方へ

「骨が無い」「骨が薄い」「骨が弱い」などで、
他院でインプラント治療を断られてしまった方

インプラント治療は、基本的には歯が欠損しているすべての方にできる治療です。以前は「糖尿病・高血圧・心臓病・肝臓病・脳梗塞後遺症・骨粗しょう症・歯周病・喫煙者」などの方はインプラント治療が困難と言われていましたが、インプラント技術のめまぐるしい進化により、今ではこれらの症状があったとしてもインプラント治療が可能になっています。 しかし、症状によっては治療ができない場合もありますので、事前にしっかりと検査及びカウンセリングをしていきます。一番大切なことは骨の量がインプラント治療をするのに十分足りているかです。土台となるための骨が少ないことが理由で、インプラント治療が不可能と断られ当クリニックへいらっしゃる患者様はとても多いです。

全身疾患により
断られてしまったケース

全身疾患をお持ちの方がインプラント治療を断られてしまう場合があります。例えば、糖尿病、高血圧、心疾患、骨粗しょう症などといったものです。当クリニックでは、それぞれの症状に適切な対応をすることで、インプラント治療を受けていただくことができます。症状に合わせて患者様のかかりつけ内科医と相談の上、治療を行っていきますのでご安心ください。

治療方法

  • 糖尿病

    糖尿病が進行すると免疫力が低くなり、歯周病になりやすくなります。インプラントと骨が結合する過程で起きる「骨吸収」の量が多くなりすぎて、インプラントが取れる原因となることもありますが、腎不全や心血管病変などの重篤な合併症がなければ治療はできます。お気軽にご相談ください。

  • 高血圧

    点滴麻酔をすることで血圧の上昇を防ぐか、薬を服用し血圧を下げることで治療ができます。重度の高血圧であれば、かかりつけの内科医と協議し治療の方針を決定していきます。

  • 心疾患

    かかりつけの内科医と話し合い、許可があれば治療ができます。心筋梗塞、狭心症、心臓弁膜症などで人工弁置換手術を受けたことがある方や、体内型ペースメーカーを入れている方の場合は、特に事細かな連携を取ります。

  • 骨粗鬆症

    骨粗しょう症の薬を服用されている場合は、かかりつけの内科医に確認すべきことがありますが、顎の骨にはあまり関連がなく、インプラント治療はできます。

顎の骨を理由に
断られてしまったケース

日本人を含む東洋人と欧米人はもともと、顎の骨量が違います。 そのため顎の骨が少ない、薄いといった場合にインプラント治療を断られることがありますが、骨造成や骨移植などさまざまな方法を患者様の状態に合わせて選択することで治療は可能です。 いずれも高度な技術が必要な手術ですが、豊富な経験のある当クリニックであれば安心して手術を受けていただくことができます。

インプラントと骨造成

当クリニックのインプラントの治療の種類

  • ソケットリフト

    上顎の奥歯の骨量が不足している時に用いる治療法です。骨造成や骨移植を促すために、上顎の下から穴を開けて隙間を作っていきます。

  • サイナスリフト

    上顎と上顎洞の隙間が狭く、ソケットリフト法が実施不能なときに用いる治療法です。骨造成や骨移植を促すために、上顎の側面から穴を開けて隙間をつくります。

  • GBR(骨誘導再生療法)

    歯槽骨の高さや幅が不足しているときに、骨量を増やすために骨造成する治療法です。インプラントが骨におさまらずでてしまったところに、メンブレンという特殊な膜を覆い被せて骨の再生を促します。

  • ソケットプリザベーション

    抜歯後の穴を放置すると骨は失われるため、インプラント治療の際に骨量が不足することがあります。インプラントを必ず埋めこめるよう、骨が失われた部位に人工骨(骨補填剤)を入れることで再生していきます。

  • 抜歯即時インプラント

    抜歯してすぐにインプラントを埋め込む治療法のことを抜歯即時インプラントといいます。手術当日から歯が入るため、歯がない期間がありません。そのため治療期間を短く、かつ手術の回数を減少できるので、患者様への負担が少なくなります。手術後すぐに仮歯が入れられることもあるのでご相談ください。(お口の状態によっては当日に歯が入れられないこともあります。)

  • リッジエクスパンション

    加齢や歯周病により骨が少ない方がインプラントを埋め込むときにこの方法を使います。以前は骨造成などの骨を増やす治療が主流でしたが、現在で選択肢としてリッジエクスパンションが挙げられるようになっています。

  • 無切開インプラント手術

    無切開手術はインプラント手術のときに、歯肉を切らなくてもインプラントを埋入することが出来る治療方法です。インプラント治療での腫れや痛みをを少なくし、治療期間を短くできます。

こんな方もご相談ください

重度歯周病の方

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になることはあります。歯周病を治療せずにインプラント治療をしてしまうと、インプラントがうまく骨にくっつかなかったり、くっついてもインプラント周囲炎という歯周病のような状態になってしまいます。当クリニックでは歯周病治療の国家資格である「歯科衛生士」が患者様ごとに担当し、治療をしていきます。

痛みに敏感で不安が強い方

手術中は、部分的に麻酔を使用するため、縫合や切開による痛みはありません。しっかり局所麻酔がきいているか担当医が必ず確認しますので、インプラント手術を痛みを感じずに終了できるでしょう。また、当クリニックでは歯科麻酔認定医が「静脈内鎮静法」という麻酔を手術の緊張や恐怖を和らげるために行いますので安心して治療を受けられます。

全身疾患を患っておられる方

インプラント治療は外科手術であるため、高血圧や糖尿病などの全身疾患がある方は注意を要します。当クリニックでは、カウンセリングで必ず確認後、かかりつけの医師に相談しながら全身の状況を確認し、治療をしていきます。